田内洵也 (たうち じゅんや)

1989年3月2日長野県長野市生まれ愛知県春日井市育ち。

12歳から15歳までタイのバンコクに住み、ギターを手にする。

バンコク市内のライヴハウスやストリートで演奏をする。

帰国後は愛知県春日井市高蔵寺ニュータウンを中心に音楽活動を行い、2009年上京。浅草、人形町、蔵前、広尾、麻布、銀座のバーでの定期ライヴを展開する。

現在では、東京、愛知、その他地方でのライヴ活動の他、アーティストやスポーツチームへの楽曲提供、各種イベントへの出演、公演などで活動している。

東南アジアの路上で培われたパフォーマンス力と、春日井市にて培われたエンターテイメント性から生み出す音楽は、シンガーソングテイナーと称される。

12歳の頃にビートルズを聴いて感銘を受け、当時住んでいたタイのバンコクにてストリートライヴを開始する。スタイルはアコースティックギターの弾き語りで、ブルースやカントリーから影響を受け、近年はケルトなども自身の音楽に取り入れている。また、バイオリンやピアノ、パーカッションとの共演も多く、現在都内を中心に年間200本前後のステージと、レコーディング、楽曲制作、提供などの活動を行っている 。

・国外での活動

音楽を始めたタイのバンコクをはじめ、その後もギターを片手に世界各国のライヴハウスやストリートにてパフォーマンスを行う。2009年のアメリカ・ロサンゼルスでは地元バンドの前座、ライヴカフェでの演奏。ニューヨークではタイムズスクエアにおける市認定のストリートミュージシャンであるFloyd Lee Hooker氏、Delta Blues Johnson氏と共演。

韓国・ソウルでは市内のライヴバー「Sally's Guitar」にてソロ出演。
台湾・台北では現地の繁華街においてストリートパフォーマンスを行う。
ヨーロッパにおいてはロンドン、パリ、ブリュッセルにて現地ミュージシャンとの共演を行う。

経歴

  • 2001年 タイのバンコクにてストリートライヴを開始する
  • 2003年 バンコク市内のライヴハウスに初出演
  • 2004年 帰国 地元であるJR高蔵寺駅にてストリートライヴをはじめる
  • 2005年 バンド活動を開始 
  • 2006年 ジョンレノンミュージアム主催「ジョンレノン・トリュビュート・コンテスト」にて審査員特別賞受賞
  • 2007年 クラブチッタ川崎開催「新堀ギター全国大会」 にて最優秀賞受賞
  • 2008年 東海テレビ主催 なぎら健壱氏審査「コノユビトマレ」フォークコンテスト最優秀賞受賞
  • 2009年 世界6カ国にてライヴパフォーマンス 上京
  • 2010年 東京浅草を拠点に活動 自主制作CDをリリース 累計1000枚完売
  • 2011年 東京を拠点に年間200本前後のライヴ活動を開始
  • 2012年 Julie Rogers氏への楽曲提供とサポート活動を開始 新潟アルビレックスBBラビッツ公式テーマソングを作曲
  • 2013年 溜池山王の音楽ホール、ENOKIZAKA STUDIOにてデザイナーとの本格コラボレーション公演「JUNYA TAUCHI MUSIC LIVE」を実施。麒麟一番搾りガーデンライヴにてゲスト出演。新丸ビル、丸の内ハウスにてカウントダウンパーティーイベントへのゲスト出演。