四月

こんにちは。ご無沙汰しております。
今日も酒場で歌っております。

四月の終わりに、僕が東京で最も御世話になった師匠が死にました。
余りに突然の訃報を未だ飲み込めずに、日常は過ぎてゆきます。

そのせいか涙は出ませんでした。
あれだけ御世話になった人がもう居ないと分かってはいます。
一体いつになったら飲み込めるか、果たして飲み込むことができるのか

心に大きな穴が開いたまま、こうしてブログを書いております。
この事を人生の先輩に相談したら、こんな答えが返ってきました。

「きっとその人に心からいて欲しい時に分かるんじゃない」

僕にとってそれがどんな時かは分かっています。
今はただ前に進む時。

ありがとうございました。

This entry was posted in ブログ, 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>