衝動

    

せっかくの休みに何も予定がない…

だいたい14時くらいですかね。
「いまから友人に連絡してもなぁ」という絶妙な時間。
何をしたら良いのかわからない時間。
誰にでもそんな経験があるのではないでしょうか。

そんな時は「何もしないをすること」が一番なのだと
くまのプーさんに教えてもらいました。

僕はそんな時にいつも旅の予約サイトを見ます。
漠然と「◯◯に行きたいな〜」とか考えながら新幹線や飛行機の値段をチェック。
宿も探します。そしてワクワクしながら予約のボタンを押す直前にやめるのです。

これだけで1割くらい旅をした気分に浸れます。

しかしですね。
ごくたまに本当に行ってしまう時があるんですよ。
衝動に駆られて東京を飛び出し、知らない街に行ってしまう時があるのです。

そんな旅の記憶はずっと残ります。
計画することも大事ですが、衝動に駆られた旅には何が起こるか分かりません。

なんだか書いていてワクワクしてきました。

さて、「今夜の宿」で検索、っと。

Posted in ブログ | Leave a comment

ライヴレポート 春日井〜静岡

    

こんにちは。
春になってきましたね。
今年は一月の長野からはじまり、
高松、神戸と短い期間で色々な街を歌い廻りました。

3月に入ってから一発目は地元春日井。
いつまでも心の故郷!
最近は地元との関係が更に強まり、以前より物理的な距離を感じなくなりました。

酒井さんのバイオリンがとても素晴らしい雰囲気を出してくれました。
地元の皆さんに届ける事ができて本当に良かったです。

続いては初となる静岡。
気候だけではなく、とても温かい人たちに囲まれて演奏させて頂きました。
次回は秋頃に予定しております。縁が繋がり、本当に嬉しいです。

5月25日には高知での初ライヴを予定しております。
今年は全国廻るぞー!

Posted in ブログ | Leave a comment

だからこそ

    

演奏で日本各地を巡るようになって、色々な感動があります。

この狭い日本列島の中に、これだけ多様な人たちが住み
独自の味わいや文化を形成している事に畏敬の念を抱きます。

自分がこの国に生まれて良かったと改めて思いますね。
その中には僕の地元である高蔵寺ニュータウンも含まれますし、
ルーツである長野も同様です。

しかしながら僕には強いアイデンティティーがありません。

まず僕が育ったのは高蔵寺ニュータウン。
ここは戦後に切り開かれた街なので、本当の意味で地元の人はいません。
僕ら世代の親の出身地はバラバラで、日本全国の人が住んでいます。
この街では方言も弱く、愛知感があまりありません。

そして音楽をはじめたタイのバンコク。
僕は日本人学校だったので、ここでも友人は日本全国から集まっていました。

そして東京に移り住み、
現在日本人、外国人がミックスされた土地で生活しております。

そのせいか僕は地元色の強いアーティストに、ある種の憧れがあります。

「札幌出身のスタジオミュージシャン」や「那智勝浦のブルースマン」
「広島のロックンローラー」「岩手のジャズマン」「博多のフォークシンガー」
「高知出身のバンド」「石垣島出身の歌手」

もの凄く格好良いです。

だからこそ、それらの人や街に負けないように
自分のアイデンティティーに誇りを持ちたいと思います。

高蔵寺ニュータウン育ち、バンコク仕立てのギターマン。
今年は全国を廻ります。

Posted in ブログ | Leave a comment

当たり前のこと

    

この歳になってから手を大事にするようになりました。

少しでも怪我のリスクのある事はやらないようにしています。
細かいところだと、テーブルを押して立ち上がる時のケアや、
機材搬入の時は必ず台車を使います。

同時に楽器を大切にするようになりました。
喉も同じです。

まとめると自分を大切にする事でしょうか。
それが人に優しくなる為の第一ステップだと思います。

優しい音楽ができますように。

Posted in ブログ | Leave a comment

チャプター・ツー

    

20代が終わります。

「十年一昔」とは本当ですね。
20歳の頃と今では9割くらい人間関係が変わっています。

変わらないのは今もお世話になっている地元の皆様、友人、家族。
9割は東京に出てから、日本各地で知り合った人たちです。

僕の20代に誇れる点はあまりありませんが、
最高の人たちと出会えた事だけは確かです。

そして、その人たちと出会えた事は
昔からお世話になっている地元の皆様、友人、家族の支えがあったからと思っております。
改めて感謝申し上げます。

昨夜二十代最後のステージで歌いながら思った事は
「もっと歌っておけば良かった」です。

これだけ色々な人の助けを借りていたのだから、
もっともっと音楽と向かい合えば良かったと思いました。
幸い僕は生きているので、この後悔をエネルギーに変える事ができます。

やってしまった後悔より、やらなかった後悔が残る事を学びました。
20代はもう戻ってきませんが(今からアメリカに行けば一日のびるけど)
全力で音楽を楽しもうと思います。

歌いながら、語りながら、飲みながら。

JT_H8A2066

Posted in ブログ | Leave a comment

旅と音楽

    

音楽を通じて旅をさせて貰える事。
これは本当に幸せな事です。
僕が人生でしてきた旅の殆どは音楽があったからです。

上京する以前は自分の故郷でしか歌った事がありませんでした。
車の免許を取って、初めてギターを持って旅行した時は、
それこそガチガチに緊張しました。

それが今では緊張よりも、遠くの街で自分の音楽をやれる幸せでいっぱいです。
ギターがある事で出会える機会を大切に
明日から四国に行って参ります。

Posted in ブログ | Leave a comment

行動

    

洗濯機を回している間や、風呂が沸くまでの間は
なぜあんなにも機敏に動く事ができるのでしょうか。

食器は一気に片付きますし、掃除だって同じです。
今もこうしてブログを書いてますし、ゴミとかも捨てに行けます。

この「〜の間に」効果は恐るべきものですね。
同じ作業効率で常に稼働できたら、それはそれは凄い事になると思います。

きっと部屋も綺麗になるでしょうし、仕事の能率も急上昇するでしょう。
でも冷静に考えれば人生は「〜の間に」なのです。

死ぬまでの間に何をするか。

これですね。
行動あるのみです。

Posted in ブログ | Leave a comment

Guitarman

    

指の擦れる音がする

「弾いてみろよ」と君が言う

木の香りのサウンドホールを

覗き込んだら

昨日までの僕は消えた。

最新アルバムの冒頭曲「Guitarman」の冒頭です。
この曲は全部で3番まであり、
今までの人生で出逢った3人のGuitarmanがモデルになっております。

その中でも一番に出てくるGuitarmanの記憶を今も忘れられません。
12歳の頃。タイのバンコクに引っ越した僕は、
最初の数ヶ月、友達ができませんでした。
遊ぶ相手もいないので、よく近所のデパートに一人で遊びに行きました。

そのデパートの5階、家電のフロアの中に何やら異彩を放つ一角がありました。

ギターコーナーです。

ビートルズにハマっていた僕は、
壁に掛けられたギターにうっとり見惚れておりました。
すると後ろから英語で「You want play?」と声を掛けられ、
振り返ると長身のタイ人の青年スタッフが立っておりました。

ギターを弾いた事がないと伝えると、その人はギターをチューニングし始め、
エリッククラプトンのTears in Heavenを奏でました。

繊細な指の動きと、そこから出てくる木と鉄の音に胸がぐしゃっとやられました。
そこから先はあまり憶えていませんが、
その音を超える音はもうこれからの人生で聴けないと思います。

けれどもその頃の気持ちは一生忘れません。
今も持ち続けています。

Posted in ブログ | Leave a comment

安物買いの銭失い

    

今年に入って二回ほど、この諺を痛感しました。

身の回りで活躍している物を見渡すと安物はありません。
特に音楽の機材に関しては如実に、
自分が詳しいからこそ痛感します。

しかし物事には優先順位があります。
音楽機材に関してはこれから妥協したくないと思っておりますが
日用品の中にはケチりたい物も出てきます。

今日はそんな日用品の中から、銭を失ったものを紹介します。

・コンタクトレンズの液
これは落とし穴でした。
薬局で一番安いのを買った途端、一ヶ月使用のレンズが二日と持ちませんでした。
もう二度と使いませんし、その後の使い道もありません。要注意です。

・キャンプ用具
もはや日用品ではありませんが、これも結果として銭を失いました。
最安値で揃えた結果、テントも調理具も1年と持ちませんでした。
今ではバンガローに泊まります(もはやキャンプではない)
やはり専門性が高い製品ほど、この諺は当てはまるように思えます。

・ダウンジャケット
衣服の中でも高価な位置付けなだけに、安いのは本当にダメです。
逆に言えば良いダウンは向こう何十年も着れると思えば安いものですね。
僕は年始にこれで失敗しました。
安いダウンを買うお金でTシャツを買うべきでした。

他にも沢山ありますが今日はこのぐらいで。
皆さんもくれぐれもご注意ください。

Posted in ブログ | Leave a comment

節分の豆

    

ポリポリポリポリ…

いやー、止まらないですね。
昔から豆類の中で突出して節分の豆が好きなんですよ。
余計な味付けのない、あのシンプルさがたまらないです。

僕が思うに太る原因ってそこだと思うんです。
単純な味が好きで、それを繰り返す事で快楽を得る。
単純でなくとも同じ味を何度も味わいたいという欲求。
それが人を太らすと思うのです。

色々な味を楽しむという事はそれだけ色々な栄養素を取る訳ですから
当然身体にも良い訳です。
居酒屋でフライドポテトと軟骨唐揚げを注文する人よりも
日本酒の肴になりそうな小皿料理を頼む人の方が痩せてそうですよね。
ちなみに僕は圧倒的に前者です。

一人暮らしで色々な栄養素を揃えるにはお金が掛かります。
ダイエットを始めて思ったのですが、大雑把にできる事ってのはないんですよね。
細くないから太る訳ですから。
細かいという字は細いと同じですから。

さ、ジムで運動してきます。
肉は外〜、福は内。

Posted in ブログ | Leave a comment