ギタリスト

「歌い手」や「弾き語りの青年」
「ミュージシャン」「シンガーソングライター」と紹介されるのは嬉しいです。

でも、「ギタリスト」と紹介されると照れ臭いのは何ででしょうか。
それは多分、僕の中でギタリストが

jimmy-page

こんなイメージだからだと思います。
あまりに自分とかけ離れているので「イケメン」と紹介されるぐらい違和感があります。

そんな中で僕の名刺にも書いてある肩書き「ギターマン」は、
とても気に入っています。
なんだかとてもしっくりくるのは、僕のスタイルに合っているように思えるからです。

あ、人から見てではなく、自分の中でですけどね。
そんなギターマン、今夜もたくさん歌ってきます。ほい。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>