「低さ」を求めて

最近気付きました。
歌においては低い声を鍛える事が重要だと。

“低音域”がしっかりした上で出す”高音域”に良さがあるんですね。
ホームシアターでいう”ウーファー”が味噌なんです。

耳では聴き取れない周波数だけれど音量はしっかり出ている。
人体の構造上、そんな音は出せないのかもしれませんが、
それを震わす意識で歌うように最近心掛けております。

以上、本日の呟きでした。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>