はひふへほ

絡み酒をされた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

酔うと気持ちが大きくなる分
理不尽な説教やトラブルに巻き込まれる事は
酒飲みにとってはそれほど珍しい事ではありません。

いきなり絡まれて、失礼な事を言われて
反撃したくなりますが、所詮相手は酔っ払い。
本気になるだけ無駄な時もあります。

そこで使えるのが酒場の「はひふへほ」

・は
「はぁー、そうなんですかー」
感銘を受けている表現。空気を混ぜて言うと説得力が増します。
感動していなくても、しているつもりで使いましょう。

・ひ
「ひいぃ」は恐縮の表現です。
あくまで恐れているフリが必要です

・ふ
深呼吸することで怒りを忘れて冷静になれます。
「ふうぅー」

・へ
トリビアの泉でも出てくる「へぇ」です。
新鮮な話だと思って驚くフリをしましょう。

・ほ
同じく驚きと感心の感情を混ぜて使います。
「ほおぉー」

以上、酒場の「はひふへほ」でした。
お酒は綺麗に飲みましょう。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>