会津若松

三連休を利用して福島の会津若松市へ行ってきました。

会津若松は過去にも行ったことがあるのですが、
街と人の持つ柔らかくも渋い雰囲気が好きです。
この街でお酒を飲んでいると、どこか現実味のない
ノスタルジーな雰囲気に包まれる瞬間があります。

似たような経験が長野でもありました。
そうです、伊那市です。
僕の大好きな伊那の飲み屋街と会津の飲み屋街は
規模こそ違いますが、とても似ています。

それには根拠がありました。
なんと会津松平家初代藩主である保科正之公は、信濃高遠(現在の伊那市)の藩主でもあったのです。
同じお殿様が納めた街なので、文化が似るのは必然かもしれませんね。

両者とものに蕎麦の名産地であることや、
雄大な盆地に位置し、冬は厳しい寒さに見舞われること、
東京からの所要時間や美味しい水。
更にはソースカツ丼が名物なのも共通しています。

飲み屋街の雰囲気が同じなのも納得できますね。
どちらにも縁を感じる僕としては
日本にこの二つの街があって良かったと心から思います。

いつか二つの街で公演ができますように。
取らぬ狸ではありますが、打ち上げが楽しみです。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>