安物買いの銭失い

今年に入って二回ほど、この諺を痛感しました。

身の回りで活躍している物を見渡すと安物はありません。
特に音楽の機材に関しては如実に、
自分が詳しいからこそ痛感します。

しかし物事には優先順位があります。
音楽機材に関してはこれから妥協したくないと思っておりますが
日用品の中にはケチりたい物も出てきます。

今日はそんな日用品の中から、銭を失ったものを紹介します。

・コンタクトレンズの液
これは落とし穴でした。
薬局で一番安いのを買った途端、一ヶ月使用のレンズが二日と持ちませんでした。
もう二度と使いませんし、その後の使い道もありません。要注意です。

・キャンプ用具
もはや日用品ではありませんが、これも結果として銭を失いました。
最安値で揃えた結果、テントも調理具も1年と持ちませんでした。
今ではバンガローに泊まります(もはやキャンプではない)
やはり専門性が高い製品ほど、この諺は当てはまるように思えます。

・ダウンジャケット
衣服の中でも高価な位置付けなだけに、安いのは本当にダメです。
逆に言えば良いダウンは向こう何十年も着れると思えば安いものですね。
僕は年始にこれで失敗しました。
安いダウンを買うお金でTシャツを買うべきでした。

他にも沢山ありますが今日はこのぐらいで。
皆さんもくれぐれもご注意ください。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>