雨の日のぼやき

高校がとても遠かったです。

実家から電車やバスを乗り継いで1時間と少し。
都会にある学校ではなかったので
ひたすら田んぼや住宅街をスローな車窓から眺めておりました。

とある快晴の日に、僕は通学途中の駅で下車しました。
なんかサボりたくなったんですね。
しかしながら車もなければ、
当時考えられた選択肢はとても限りあるものでした。

ぷらっと駅前の喫茶店に入って漫画を読みました。
僕の高校は私服だったので、お店の人にもそんなに怪しまれません。

もし今の思考回路でその頃にタイムリープしたら何をするでしょうか。
多分電車を乗り継いでまだ生きていた爺ちゃんに会いに行くでしょうね。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>