TENKOUSEI

僕は人生で一度だけ転校生になった事がある。

転校。
見ず知らずの土地で、全く知らない子供達の中にぶち込まれる試練。
特に子供は残酷なのでよそ者に厳しい。
大人のように気を使ってくれたり、共通の話題を探してくれたりはしない。
純粋なようで滅茶苦茶心が狭いのも子供の特徴である。

まず担任にクラス全員の前で紹介される。
そこから自己紹介をして席に付く。

何がキツいって 周りは全員顔見知りvs自分一人 という構図である。
転校初日は自分周りの席で繰り広げられるローカルトークに耳を傾けるしかない。
「◯組の◯◯がさ〜」とか「知ってるー??今年の文化祭ってさ〜」なんて会話を外国語のように聞く。
最初に話しかけるのにどれだけの勇気が必要だったか。「消しゴム貸して」の一言にも全力である

でも本質的には大人も変わらないのだと思う。
子供とはコミュニケーション能力が違うし、表面は繕える。
だけどそこから深く入って行くのは子供時代と同じ作業だと思う。

成人してからの転校。
早くクラスに馴染めますように。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>