ギリシャ流のキャッチセールス

観光地には大抵「しつこいキャッチセールス」が付きものです。

歌舞伎町に行くとやたらと居酒屋飲み放題の勧誘を受けるのと同じように、
今回の旅でも実に多くのキャッチに絡まれました。

バルセロナではしつこいセールスを断ったら、暴言まで吐かれました。
ナントカ猛々しいとはこの事ですね。
真顔で「ファッキュー」と言われるとこんなに腹が立つものかと思いました。

その点ギリシャでの勧誘はとてもソフトです。
特にロドス島のレストラン街はピースフルそのもの。

「ねえ、行くところ決まってないならウチで食べてきなよ」
「ごめん、もう決まってるんだ」
「あ、そうなんだね。じゃあ良い夜を!」
「君もね!」

こんな平和なやりとりが幾つもありました。
そうすると次の日にはその人の店に行きたくなりますね。
なんだかとても幸せな気分になりました。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>