Hobby

今日は趣味の話です。

僕の周りにはモデルガンを所有していたり、
プラモデル作りに洗車や、バイクの整備、楽器収集、演奏に全力な大人が沢山おります。

この人たちを見ていて思うのは最高にクールだという事です。
何歳になっても少年のような心で生きる。
まるで隣町のおもちゃ屋へ自転車で行くかのようなノリで
県境や国境を越え、最終的にはそれが仕事になっている人もいます。

そんな今日はネット上で見つけたある文章を紹介したいと思います。

______

夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。
国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。
ペダルを漕がなくても。何もしなくても。
ただ、ただ気持ちよかった。自分は今、世界一早いんじゃないかと思った。
子供心に凄く遠いところまできた事を知り、一同感動。滝のような汗と青空の下の笑顔。

しかし、帰り道が解からず途方に暮れる。不安になる。怖くなる。いらいらする。
当然けんかになっちゃった。泣いてね~よ。と全員赤い鼻して、目を腫らして強がってこぼした涙。
交番で道を聞いて帰った頃にはもう晩御飯の時間も過ぎてるわ、親には叱られるは、
蚊には指されてるわ、自転車は汚れるわ。
でも次の日には全員復活。瞬時に楽しい思い出になってしまう。絵日記の1ページになっていた。

今大人になってあの大きな下り坂を電車の窓から見下ろす。
家から電車でたかだか10個目くらい。
子供の頃感じたほど、大きくも長くもない下り坂。
でもあの時はこの坂は果てしなく長く、大きかった。永遠だと思えるほどに。

今もあの坂を自転車で滑り落ちる子供達がいる。楽しそうに嬌声を上げながら。
彼らもいつの日にか思うのだろうか。
今、大人になってどれだけお金や時間を使って遊んでも、

あの大きな坂を下っていた時の楽しさは、もう二度とは味わえないと。
もう二度と、友達と笑いながらあの坂を、自転車で下る事はないだろうと。
あんなにバカで、下らなくて、無鉄砲で、楽しかった事はもう二度とないだろうと。

______

これを読んで最初に僕は感動しました。
確かに少年時代の思い出は格別です。

でも時に大人はそれを上回る楽しさを持っているとも思えます。
何歳になっても友達ができるし、坂道を自転車で下る事は気持ちが良いです。

更に

打ち上げにビールと餃子がある。
門限に関係なく語り合える。
地球上のどこまでも行く事ができる。

子供に負けるな、全力で
バカで下らなくて無鉄砲な日々を

よっし、そんな曲書きますか。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>