Monthly Archives: 8月 2015

夏休み最終日

    

小学生にとって夏休み最終日ですね。
僕も憶えている、その感覚。一言で表すと

歯痒い!

溜まりに溜まった日誌
空想のみ存在するアサガオの成長
3日坊主のラジオ体操
小学生にとってのメインシーズン二学期の到来

挙げはじめるとキリがない。
特に日誌は苦痛であった。
あの一冊でどうも自由になれないデスノート。
九州じゃ日誌がないらしい」という都市伝説
本当ですか、九州の人。

今じゃ夏休みの宿題を業者がやるんだとか。
お受験の為にね、日誌やる余裕なんてないんだ。

分かる・・・ 日誌は必要ない。
小学生はもっと大きな心で夏休みに臨むべきだ。

広い坂道を自転車で降って、泥にまみれて遊ぶべきだ。
何も考えずに自由を謳歌するべきだ。

それがあのデスノート一冊で俗世間に縛られてしまう。
教育委員会の皆さん、日誌を廃止しましょう。

一学期の終業式には
「君たちは今日から9月まで自由だ。学んだことを忘れ、好きなことをしなさい」
なんて言う校長先生いたら最高にロックじゃないですか。

以上、僕の日誌に関する意見でした。
明日から頑張りましょう。

2015-06-22 00.19.54

Posted in ブログ | Leave a comment

秋の到来

    

最近寒いのは秋が来たからです。

そう、秋です。
食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋
ようするに人間活動が最も活発化する季節でありますね。

僕の勝手な推測ですが、来る冬に向けて食料を備蓄する為だと思います。
つまり秋になるからやる気になるのではなく、

やる気にならないと冬ヤバいよ

という昔の人のメッセージが込められてるんじゃないかと思うのです。
キリギリスにならないように気合入れていきたいと思います。

Posted in ブログ | Leave a comment

アルバムを作る

    

新しいアルバム構想が出来上がってきた。
曲は大方決まっている。

喫茶店に行ってノートを広げて思い思いに書く。

この瞬間はかなり気持ちいい。
ワクワクする。そして燃える。

額に飾ったリンゴの絵ではなく、
そのリンゴを取り出して齧れるように

頑張るぞ。

2015-06-15 19.44.33

Posted in ブログ | Leave a comment

食べてすぐ寝ると鳥になる

    

食べてすぐ寝ると牛になる

と言うけれど、身体に良い気もする。
だって眠くなるって事は身体がそれを求めているわけで。
僕は食後に眠くなるといつも同じ情景を思い出す。

19歳の頃、アメリカに行く資金を貯める為に働いていた工場。
昼休みは50分。

自分の車に行って弁当を食べる、そして寝る。
始業3分前に起きて午後の仕事を頑張る。

これが最高に気持ち良かった。
アメリカを夢見ながら幸せだった。
完全に心は太平洋を渡っていた(遠い目)

あれから7年。早いもんです。
今日も頑張ろう。

Posted in ブログ | Leave a comment

終戦の夏

    

終戦70周年。

第二次世界大戦に関する話に触れることが多い。
70年が経過した戦争は今も世界に影響を与え続けている。
遠いことのようで、今も「戦後」に生きている。

日本という国が滅亡する可能性のあった戦争。
実は自分が生まれるかどうかを左右した出来事であると気づく。

終戦時、僕の祖父は軍隊にいた。
年齢は終戦時22歳。千葉の佐倉にいた。

もう一人の祖父は18歳。
年齢的に招集される寸前であった。

1945年8月。二発の原爆投下とソ連参戦と日本は窮地に追い込まれていた。
その当時、アメリカをはじめとする連合軍は「ダウンフォール作戦」という恐ろしい作戦を進めていた。

ダウンフォール=殲滅

日本本土上陸作戦。
日本側では「本土決戦」と呼ばれていた。

この作戦では史上最大規模の上陸部隊が、
九州南部と九十九里に上陸する予定であった。

もしこの作戦が決行されていた場合、一人の祖父は間違いなく戦地に行っていた。

もう一人の祖父は長野にいた。
長野の松代には大本営が移転する予定であった。
当然、九十九里に上陸した連合軍が長野県にも侵攻していたはずだ。
18歳で招集寸前であった祖父は確実に戦地に行っていた。

作戦が決行されていたら、僕はいない。
他人事ではない第二次世界大戦。

今生きている戦争体験者の話をできる限り聞こうと思う。
それについて議論する為ではなく、事実として知っておきたい。

Operation_Downfall_-_Map

Posted in ブログ | Leave a comment

祖父

    

8月、僕の祖父が旅立ちました。
小さい頃から可愛がってくれた祖父、ここでは爺ちゃんと書きたい。

爺ちゃんは昭和2年に長野県で生まれた。
その87年の人生は僕の人生を三つ掛けても届かない。

どんな人生を送ってきたのか、
今になって考える。

もう聞けない話。

「老人が一人死ぬことは、巨大な図書館が焼け落ちるようなもの」

という言葉があるが、まさしくそうだと思う。

爺ちゃんは僕の話をよくしていたらしい。

音楽活動に肯定的だったのも、子供の時に玩具を買ってくれたのも
旅行に連れて行ってくれたのも、お酒飲ましてくれたのも

一生忘れないので安らかに眠ってください。
ありがとう。

2015-08-12 18.28.21

Posted in ブログ, 未分類 | Leave a comment

OKINAWA

    

ご無沙汰してます。
沖縄でライヴしてきました。

16年ぶりの沖縄。
お酒飲めるようになってから行ってみたかった土地。

そんな沖縄にいってきました。

大海に浮かぶ小さな島に100万人以上が暮らし、
そこにしかない太陽と雲、お酒と海がありました。

また行きたい。

そう強く思いました。

一番の思い出は夜の那覇で見た雲。
ちぎれちぎれの綿雲が夜空に浮かんでいるのを見た。
2年前、バリ島でみた雲と似た南国特有の雲。

なんだろう、あの雲の感じ。
東京ではみたことがない。

ザブ〜〜〜ン(波の音)

2015-08-16 21.41.55

Posted in ブログ | Leave a comment

VIVA

    

この度、僕の楽曲「雨でも降ってくれれば」がエナジードリンクのCMに起用されました。僕の机で生まれた楽曲が、色々な人と関わり、聴かれ、こうして形になっているのはとても不思議ですね。

Posted in ブログ | Leave a comment

夏色

    

夏だけど「ヒャッハーーーー!」的な気持ちになれない。
もっとこう心の奥底からジワジワくる「夏の喜び」がある。

「夏が来た!」じゃなくて
「・・夏か」な感じ。

そんなことを思う年齢でもないのですが、
本当は「ヒャッハーーーーー!」するべきだと思うのですが

なんか今年の夏は、風鈴の音と網戸越しの風のにおいって感じなのです。

2015-06-28 19.57.55

Posted in ブログ | Leave a comment

プール

    

最近よく行くプール。
泳ぐのは楽しい。
疲れがあとからドッとくるから長時間できる。
ジョギングより辛くない。

そんなプールだが、なかなか面白い。
まず監視員。
屋外の場合だと本職が「日焼け」なのではと思うくらい黒い。
実に嬉しそうに監視している。ってか何かオイル塗ってる。

屋内の場合だと本職が「ボディービルダー」ではと思うくらいマッチョ。
せっかく鍛えたのだが見せないと損損。ってか上半身脱ぐ必要あるのか。

そして回遊コース。
ここには暗黙の了解がある。
泳ぎが速く、美しいものに譲る精神だ。
これは世界中のプールで共通するらしい。

泳ぎが達者であれば、ペースを崩されることがない。
実に紳士的な風習である。

続いて更衣室。
鏡の前でボディーチェックをする奴が多い。
たまに胸筋とか動かして確認している。
これが笑える。ナルシストが便所でキメ顔するのに近い。
ってか区民プールだぞ、ここ。

そんなわけで数々のドラマが繰り広げられるプール。
一曲書けそうである←書けねーよ

Posted in ブログ | Leave a comment