Monthly Archives: 7月 2018

本音がぽろり

    

過去の自慢話をする人もいますが、
年を取ってもさらりと自分のコンプレックスや弱みを話せる人はとても素敵だと思います。
そういった人を見ていると、三つ子の魂百までではないですが、
良い意味で人は変わらないのだなと思います。

先日とあるバーでの話。
たまたま隣に座っていた60代の男性と、
僕のコンプレックスである「ゴリゴリいけない」弱さについて話しておりました。

もっとストイックに音楽や人に対してなれたら、
極端な話、客席の前でギターを掻き鳴らせるくらいの根性があれば、
そんな事を話していると

「わかるよ。俺も昔そうだったし今もそう
アドバイスではなく、共感してもらえるとは思いませんでした。

僕から見ればその人ははっきりと自分の意見を通せる人だし、
とても強い人です。それでもその言葉に嘘は感じませんでした。

「なんでもゴリゴリいける奴が羨ましいよな。でもこんな性格でも得する事も多いんだよ」

その言葉に救われ、ありのままの自分を一旦受け入れる事にしました。
ちょっとずつ大きく、肝心な時にだけ大胆になれたらと思います。

そして僕も60代になった時に、同じように自分を受け入れられる人間になりたいと思いました。

Posted in ブログ | Leave a comment

たまにはライヴ映像

    

友達が撮影してくれました。
こうやって観てみるとギターが変わった事で、全体の音も変わったように感じます。
最近ライヴの映像を上げていなかったので、これを機にどんどん上げていこうと思います。

OH LALA〜♪

Posted in ブログ | Leave a comment

Change The World

    

最近は本当に暑かったですね。
台風の接近で一気に涼しくなりましたが、それでも30度です。
このどうしよもない暑さを乗り切るヒントは、
僕がかつて住んでいた国、タイにあると思います。

赤道に近いタイでは、北部を除いて一年を通して暑いです。
中でも3月から6月に掛けては今夏の日本のような異常な暑さに見舞われます。
そこでタイではソンクランという水掛祭りが大規模に開催されます。

この祭りは「基本街中で歩いている人、誰にでも水掛けてOK」という
極めてフリーダムなもので、実際無防備に歩いていると水を掛けられます。
さすがに本気で嫌がる人に掛ける程、タイ人もサディストではありませんが
ダチ◯ウ倶楽部のように「掛けるなよ!絶対に掛けるなよ!」的な雰囲気でいると
真っ先にやられます。

こんな楽しい祭りを日本も真夏に開催するべきです。
古来から日本人は外国の良い文化を模倣、自己アレンジしてきたではないですか。
打ち水の延長です。水資源が豊富な日本にはもってこいです。

タイの完全パクリなのもアレなので、
実は江戸時代には真夏に水を掛けあう風習があったとか
中国の古い文献から「暑いと倭人は水を掛けあう」という日本人描写が見つかったとかにすれば良いんです。

はじめましょう、和製ソンクラン。

Posted in ブログ | Leave a comment

習い事

    

今日は習い事について。

子供の頃は苦手だった習い事。
強制される訳ではなく、技術の習得でもなく、
ただ友達と時間を共有できる目的でやっておりました。

そんな習い事ですが、
大人になった今となって、非常に大きな関心ごとになりつつあります。
まだ何も始めてはおりませんが、

英会話に陶芸、ダンスや絵画、五七五に写真…
興味のある事を挙げればキリがありません。

例えば僕の場合、ピアノやドラムを習う事はとても有益な知識と技術が身につく筈です。
でも最近、それを仕事に直結させる必要はないのだと思うようになりました。
何かを習得すると、楽しさの限界値が無限に広がります。
それは形のない豊かさになり、何より自己満足が大切なのだと思います。

人に迷惑を掛けなければ、自己満足ほど楽しいものはありません。
モチベーションなんてどうでもいいんです。
そんな事を考えるから楽しくなくなってしまう。

「俺って何気に◯◯に詳しいんだぜ。誰も知らないだろうけど」
くらいのプチナルシズムくらいが良いです。
飲み屋で語っちゃダメです。自分からアピールしちゃったらダサいです。
誰かに聞かれて初めて

「ええ…。嗜む程度ですが」
と静かにグラスを運ぶくらいが一番です。

あ、すいません。実は昨日映画「Shall we ダンス?」を観ました。
完全に影響されてますね。
でもそれでいいんです。
なんだか人生楽しくなりますね。

「Shall we ダンス?」制作委員会の皆様、
本当にありがとうございました。

Posted in ブログ | Leave a comment

音に

    

先日、ある仕事で児童合唱団のレコーディングをしました。
まだ10歳にも満たないキッズが僕の作った曲を熱唱している姿は感動的でした。

大きく口を開けて
一文字一文字を大切に
笑顔で楽しげに歌う

これ、物凄く大事ですね。
音楽への姿勢を改める切っ掛けを頂きました。

歌う事って楽しいです。
ギターを弾くのも同じだと思います。

音に囲まれ、音を楽しみ、音で悩んで、音に酔う。
そんな人生をいつまでも送れますように。
良い楽曲に恵まれますように。

ついでに

左奥歯の違和感が大事になりませんように。

Posted in ブログ | Leave a comment

新しい家族

    

新しいギターを購入しました。

憧れのマーチン。
ギターを新調するのは8年ぶりです。
ここ数週間、こいつを弾きながら毎日ニコニコです。
新しい家族が加わったようなものですから、やはり名前を付けないといけません。

映画「フォレストガンプ」でこんなシーンがありました。
エビ漁に励む主人公。しかし一向に獲れない状況。
それを見た先輩漁師が一言

「船に名前をつけてやれ。そうすればツキがくるさ」

そうです。
きっとギターも名前をつけたほうが縁起が良いんです。
ってな訳で新しいギターの名前をいつも僕の音楽を聴いてくれている方に付けてもらいました。
六月に買ったギターと田内洵也と解く、その心は…

命名 June

今夏はJuneが火を吹きます。
35784739_1732116053546623_6136377126217056256_o

Posted in ブログ | Leave a comment

チャーハニズム

    

僕はほぼ毎朝と言って良いほど炒飯を作る。
玄米を炊いて、卵は二つ。
具材は玉ねぎ1/3と蒲鉾、チャーシュー。
最後には万能ネギを入れる。

料理は決して得意ではないが、炒飯に関しては結構上達した。
最初から洗練されたレシピの通りに作ればきっと美味しい。
でもそれでは想像力が育たない。
何度も挑戦と失敗を繰り返し、改良されてゆく味と香り。
料理の世界を海に例えるなら、僕は浅瀬でじゃぶじゃぶしているに過ぎない。
それでも打ち寄せる波や水深の変化から海の大きさを感じることはできる。
まさに「井の中の蛙、大海を知る」…。

何が言いたいのかよく分からなくなってきました。
やっぱり二日酔いはダメですね。
そんな僕が言いたい事を大好きなイチロー選手の語録からお届けしますね。

“やってみて「ダメだ」とわかったことと、はじめから「ダメだ」と言われたことは、違います。”

さぁ、今日も頑張りますか。
34731838_1712575122167383_7500572663434182656_o

Posted in ブログ | Leave a comment